杉本 まもる

自己紹介

 年金カット法やカジノ法、南スーダンへの自衛隊の派兵と共謀罪、そして森友学園問題など、ウソとごまかしの安倍暴走政治は本当に許せません。消費税の増税、社会保障の解体、原発再稼働、アベノミクスの破たんで市民のくらしが脅かされています。
そうした中で、国言いなりの田辺市政とそれを支えるオール与党の市議会という状況のもとで、市民のくらしと平和を守る日本共産党市議団の役割がますます重要になっています。
私は24年間、中小零細業のみなさんと地域経済を元気にする様々な運動に取り組んできました。静岡の経済を支える中小企業が元気に商売を続けることが、静岡の経済発展の要です。
公約に掲げた、国民健康保険料の引き下げ、学校給食費の無償化、中小企業振興条例の制定など、市民の皆さんと一緒にその実現に向けて頑張っていく決意です。

プロフィール

・1957年北海道釧路市生まれ

・森下小学校、高松中学校、静岡市立高校卒業

・運送会社、コンピュータソフトハウスに勤務

・静岡民主商工会事務局長、静岡県商工団体連合会事務局長歴任

・2017年静岡市議選で葵区より初当選

 現在二期目

・現在 葵区沓谷4丁目在住

・家族:妻、子ども3人

所属委員会など

2021年度 市民環境教育委員会、議会運営委員会、国民健康保険運営協議会
2022年度 市民環境教育委員会、議会運営委員会

 

杉本 まもるの質問

杉本 まもるの質問の一覧へ