日本共産党静岡市議会議員団

市民のいのちと暮らしを守る静岡市政に転換を

日本共産党静岡市議会議員団 - 市民のいのちと暮らしを守る静岡市政に転換を

静岡市議会2月定例会


–  2月議会での質問 –

代表質問 - 2月24日(金)  内田りゅうすけ議員

  ・市長の政治姿勢について

  ・アセットマネジメント基本計画について

  ・清水LNG火力発電所計画について

  ・清水庁舎移転について

  ・浜岡原発の再稼働について

  ・桜ヶ丘病院移転について

  ・国保について

  ・こども園について

  ・地域経済振興について

  ・日本平公園整備について

  ・地震、防災対策について

  ・小中一貫教育について

  ・平和行政について

          等質問予定

 

       総括質問 - 2月27日(月)・28日(火)

山本明久議員

  ・住民税にかかるマイナンバーの通知について

  ・リニア建設と環境保全について

鈴木せつ子議員

  ・教育問題について(エアコン設置・教員増員・奨学金制度)

  ・難病対策について

西谷博子議員

  ・LNG火力発電所計画とまちづくりについて

  ・消防団について

寺尾昭議員

  ・アセットマネジメント方針の問題点について

 

2月定例市議会はじまる H29予算小中学校教職員給与 県から市へ290億円増


 静岡市議会2月定例会が2月16日から3月10日までの日程で開催されます。定例会では、28年補正予算案と29年当初予算案等が審議されます。

28年度の補正予算案は、13億9千万円の減額予算となっています。主な予算内容は、財政調整基金に12億円の積み立て等になっています。

 29年度の当初予算案は、一般会計で3100億円、前年比約10%の増額予算となっています。増加の主なものは、小中学校教職員関係事務に係る権限移譲に伴う給与費などの人件費増加などです。そのほか小中学校の給食費の値上げ約9%(1ヶ月の値上げに相当)、清水庁舎整備検討「基本構想」の作成費1900万円等が計上されています。一般会計、特別会計、企業会計合わせた全会計では約6300億円となっています。党市議団は、市民の安心安全、くらしと福祉の充実を求め論戦する予定です。また、国民健康保険料の引き下げを求める条例改正案を提出し、保険料の引き下げを求め奮闘します。

桜ヶ丘病院移転について市長に申し入れ


 桜ヶ丘病院の移転候補地を清水区役所に選定した問題で、巨大地震で浸水が予想されている地域ではなく、移転先は桜が丘公園にするよう要望書を提出しました。

桜が丘公園周辺には小・中学校、高校など災害時に避難できる公共施設が集中しておりそこに総合病院があれば災害時の役割を果たすことができる。住民の安全が最優先。と訴えました。

dsc_0685